即日融資ズバっと|今すぐ借りたい人のためのカードローン一覧
トップ > カードローンの申し込み方法

カードローン(即日融資)の申し込み方法

現在のカードローンの申し込みの多くはネットから行われています。即日融資を望んでいる場合にはよりネット申し込みをうまく活用することが大切になります。

カードローンの申し込み方法をおさらいしておきましょう。

  • スマホやパソコンからネットで申し込み
  • 店頭窓口や無人契約機に出向いて申し込み

その他郵送での申し込みなども対応しているところがありますが、基本的にはこの2つだと考えて良いでしょう。

どちらでも利用しやすい方を選択して申し込みを行えば良いと思います。

ネットで申し込む

カードローンの申し込み

先ほども書いた通り、現在最も主流の申し込み方法はネット申し込みになります。

ネット申し込みとは、スマホやパソコンから借りようとしているカードローンの会社のサイトに行き、そこで申し込み画面に行き、必要事項を入力していくというものです。

従来は申込書に記入していたものがネットに置き換わった形です。

ネット申し込みのメリットは、ネットなので24時間いつでも申し込めるということ、わざわざ出向いていく手間が省けることなどです。

また、申し込みに必要な免許証などの本人確認書類はスマホで写真を取って画像を送ったり、FAXすることで提出できるようになっています。

このネット申し込みが可能になってから、カードローンの申し込みが格段に楽になりました(良いか悪いかはわかりませんが・・・)。

即日融資には14時が一つの目安。

即日融資については、14時頃までに申し込みが完了するのを条件としていることが多いです。これは、銀行振込に反映される時間が平日の15時までというところが多いからです。

14時以降の場合は通常翌日の振り込み融資ということになります。

できれば、当日の午前中までには申し込みを終了させておくと、余裕を持って対応できます。
はじめての場合は、身分証明書の提出などで画像が鮮明でなかったりして、再度提出を求められるなど時間が掛かってしまうこともあるようです。
書類の不備があれば、審査や借り入れも遅くなってしまいます。

何事もなく、スムーズに借り入れができるとは限りませんので、時間的余裕を持って申し込みしましょう。

在籍確認の電話について

カードローンやキャッシングの申し込みをすると、所在確認の意味で電話がかかってくることが多いです。申込者が本当に存在するかどうかを確認するための電話です。 

ただし、職場や家に電話がかかってきて自分以外の人間が出た場合、「○○ローンですが、××さんいますか?」などといわれればキャッシングすることが他の人にばれてしまいますが、たいてい連絡先や時間は指定できますし、もし電話をかける場合には個人名などでかけてくれます。

「佐藤ですけど、○○さんいらっしゃいますか?」といった感じです。

不在なら「今出てますけど。」でオッケーです。要するに、そこに普段いるのかどうかがわかればイイんです。
これなら、家族などに内緒でもバレる心配はありません。本人以外が電話を受けても、「知り合いか、何かの勧誘の電話か。」としか思わないでしょう。

このあたりのプライバシーに関しては、特に心配する必要は無いでしょう。ただし、返済が遅れたにも関わらず連絡をしていない場合には、また電話がかかってきてしまいます。もし、何度も電話があるようだと、周りの人達も「おかしいな?」と思うかもしれません。返済はしっかりと行いましょう。

申し込みに必要なもの

申し込み必要書類

通常の即日融資の場合、基本的には身分証明書(運転免許、健康保険証、パスポート等いずれか1点)が必要です。
身分証明書の住所と現在の住所が違う場合は、上記身分証明書に加えて「電気、ガス、水道、NTT、NHKなど公共料金の領収書」や住民票の写しなど、現在住んでいる住所が記載されている書類が必要になります。

50万円以上の高額融資を希望するなど、場合によっては住民票や収入証明書が必要となる場合もあります。

ネットで申し込む場合は、これらの書類の提出はFAXやメールでOKです。

収入証明書とは、源泉徴収票や確定申告書、給与明細書などのことを指します。

また、収入の無い専業主婦/主夫の方が借入れをする場合、配偶者の方の年収を参考に審査するため、 同意書や夫婦関係証明書類が必要となります。

このように、通常は運転免許証がひとつあれば申込みには問題ありませんが、住所が違う、高額を希望する、専業主婦である場合などは、必要となる書類が出てくると覚えておいてください。